ツイートを消すプログラムをgolangで書いた

ツイートを残すための fav, RT 数を指定できるのが黒歴史クリーナーとの差別化だと思います。

golang に入門したので練習として書いたけどあまりうま味を感じられない。

特定のツイートをTumblrに引用postするためのPythonスクリプト

作ったもの

github.com

mangatime-kirara.tumblr.com

説明

指定した Twitter アカウントの画像ツイートを Tumblr に引用 post するためのスクリプト。前回の実行よりも新しいツイートのみを対象とするために、既にふぁぼっていたら処理を終了するようなコードになっている。

画像を含むのに API で取得できないツイートが一部存在するけど謎。

Tumblrのユーザーを推薦するツールを作った

Tumblr は画期的な SNS だけど、良質なブログを見つけ出すのはなかなか難しい。そこで今回は、自分と趣向が似ているユーザーを探すプログラムを書いた。

ソース

github.com

説明

自分の Like した post からユーザーを取得し、頻度順に並べる。それなりに Like していればいい結果が出てくるはず(自分で実行したらまあまあだった)。

前に Flask の記事を書いたときに思い浮かんだことだったから最初は Web サービスにしようかと思ってたけど、ユーザーの抽出のところでスクレイピングすることになったからやめた。Tumblr API はけっこう貧弱でつらい。

Tumblpy (PythonのTumblrモジュール) で複数の画像を投稿する

サンプルコードが無かったので。

paramsのdata keyのところに画像のファイルオブジェクトのリストを渡すだけ。

Sample

Python 3 で実行

from tumblpy import Tumblpy


def main():
    BLOG_URL = "metyashiko.tumblr.com"
    consumer_key = ""
    consumer_secret = ""
    token = ""
    token_secret = ""

    t = Tumblpy(consumer_key, consumer_secret, token, token_secret)

    params = {
        "type": "photo",
        "caption": "TEST",
        "tags": "Tag1, Tag2",
    }

    images = ["image1.jpg", "image2.jpg"]
    for i, image in enumerate(images):
        params["data[{}]".format(i)] = open(image, "rb")

    post = t.post('post', blog_url=BLOG_URL, params=params)


if __name__ == '__main__':
    main()

Python + FlaskでTumblrのOAuth認証まで

ライブラリを使うだけの話です。

続きを読む